トップ  >  ★資金管理の基礎  >  営業活動の循環

 営業活動による資金循環


企業の営業活動は、材料や用役を調達し、製品を製造し、販売する。

資金的にみると、材料または用役の対価として現金で支払われ、製造した製品を販売し製品の対価として、現金が回収される。
また活動において、かかった営業経費、管理経費も支払いとして現金が支出される。

 通常は、現金の収入より、支出の方が先のタイミングとなる。したがって開業時には現金が必要となる。
営業活動が軌道にのると、商品の代金回収が行われるため、現金が循環してくる。

売上高が、売上原価、人件費、経費の合計を上回ることで、利益が計上される状態になれば、現金は循環されるようになる。

 

 

通帳は4つに分けなさい―資金繰り上手な社長が使っている究極のお金管理法 通帳は4つに分けなさい
―資金繰り上手な社長が使っている究極のお金管理法

亀田 潤一郎

関連商品
・稼ぐ人はなぜ、長財布を使うのか?
・自宅は会社に買ってもらえ!―社長が会社を使って資産を残す方法
・社長さん、会社を潰したくないなら、バカみたいに現金にこだわりなさい!
・経営のやってはいけない!潤`残念な会社にしないための95項目潤`
・お金に好かれる人嫌われる人 稼ぐ貯める増やす

 

プリンタ用画面
投票数:26 平均点:4.62
前
資金計画
カテゴリートップ
★資金管理の基礎
次
資金財務予算