トップ  >  ★資金管理の基礎  >  資金繰表とは?

 資金繰表(しきんぐりひょう)とは?

 
資金繰りに必要な管理手法(帳票)


資金管理の範囲において、

資金繰りにより、一定期間の現金の収入と支払を計画統制し、支払の停滞、支払の不能の最悪事態を回避しなければならない。

資金繰りは、資金管理の基本的なベースになり、資金繰り表を作成する方法で実現される。

期首の現金預金残高と期中の現金収入、期中の現金支出、期末の残高を見積もることで、いつ・どのくらい現金が不足し、いつどのくらい現金があまるかを見積る。

資金繰りで、将来を精度高く予想・見積することによって、事前に対策をたてるなければならない。 

資金繰表なしで、いうなれば「どんぶり」で営業活動を行うことは、資金管理とは言わない。

 

資金繰り表の種類

4分類法

1.前月繰越 2.収入 3.支出 4.翌月繰越
 

6分類法

1.前月繰越 2.経常収入 3経常支出 4.経常外収入 5経常外支出 6.翌月繰越
 

 

8分類法

1.前月繰越 2.経常収入 3.経常支出 4.設備等収入 5.設備等支出 6.財務収入
7.財務支出 8.翌月繰越

 

 

 

 

30分で作る! キャッシュフロー&資金繰り表[エクセルフォーム付き] 30分で作る! キャッシュフロー&資金繰り表
[エクセルフォーム付き]

杉田 利雄

関連商品
間違いのない資金繰りのツボがよくわかる本 
会社のお金はどこへ消えた?
―“キャッシュバランス・フロー”でお金を呼び込む59の鉄則

資金繰りが崖っぷちのとき読む本
資金繰り完全マニュアル
Excelでマスターする ビジネスデータ分析 実践の極意

 

プリンタ用画面
投票数:99 平均点:5.45
前
資金繰りとは?
カテゴリートップ
★資金管理の基礎
次
資金計画