トップ  >  ★資金管理の基礎  >  売上債権
資金管理

売上債権の増加と資金繰り

 
売上債権の増加

資金繰りを圧迫する原因の主な要因に「売上債権の増加」がある。

資金繰りが窮屈になってきた場合、売上債権が増加していないか調べる必要がある。売上債権が増加傾向にあれば、その対策をたてなければならない。

売上債権の増加対策例
・請求事務の迅速化(請求書など)
・回収状況の調査
・支払条件の見直しの依頼

  

 

 支払条件の見直し

同時に支払条件を見直す対策も検討する。

支払手形のサイトを一か月伸ばすだけでも、資金繰り上違う。
ただし、こうした支払に対する対策は、企業の信用、また連鎖的な下請けの資金繰り悪化につながる。サイトを伸ばすだけで、割引などの資金手当てができる場合もあるが、下請代金遅延防止法の法令にも注意が必要である。

 

 

 

プリンタ用画面
投票数:30 平均点:4.33
前
黒字倒産
カテゴリートップ
★資金管理の基礎
次
在庫投資