トップ  >  ★資金管理の基礎  >  在庫投資

在庫投資と資金繰り

 
棚卸資産(在庫)の増加

資金繰りを圧迫する原因として「棚卸資産(在庫)の増加」がある。

資金繰りを楽にするためには、在庫を増やさないようにすることが重要である。

製品在庫がないために売上の機会を失う場合もある。
在庫がないために売上を逃す「機会損失」と在庫があるためによる「資金繰り悪化」の相反する2つの課題をクリアしなければならない。
 

在庫は悪だ」という考え方もあるが、適正な在庫は有効であるはずである。

在庫で問題なのは、資金化しない長期の在庫がたまっている場合であり、長期滞留在庫・不良在庫などは、防がなくてはならない。

季節商品を扱う企業の場合、販売時期になるまで、製品を仕入・製造して在庫する。ある時期にかなりの在庫をするが、販売シーズンを終了したころ在庫はなくなる。ある時期には資金が不足し、販売時期終了時期は資金が余剰が生じてくる。計画的な資金管理が重要である。
   

 

 

 

プリンタ用画面
投票数:42 平均点:4.52
前
売上債権
カテゴリートップ
★資金管理の基礎
次
設備投資