トップ  >  ★資金繰りの実務  >  資金繰り=資金不足(収入減少)

資金繰り=資金不足(収入の減少)


資金繰りの基本は、収入と支出のバランスをとることである。
資金繰表の上で、翌月繰り越しが赤字になった場合、すなわち資金不足になった場合、あわてて借入に走り回る前に、なぜ資金不足(資金ショート)になるかの原因を把握する必要が先決である。

 

原因把握=収入か支出か

まず、はじめに資金繰り表の作成ミスがないか、計算ミスがないか確認する必要がある。その上で、原因の把握をする。
 

収入の減少

売上の減少

売上の減少がみられたら、経営側に働きかけ、担当部署に働きかけ、回復を講じる必要がある。
・販売力の低下(人員減、エリアカバーなど)
・商品力の低下(ブランド・機能性能など)
・競合に負ける(商品の優位性、販売力、イベントなどの企画力、価格など)
・季節要因(季節に影響される商品や業界)
 

売掛債権の増加

売上は減少していなくても、代金の回収が遅れると現金収入が減少する。
現金取引の場合は別として、企業の多くは掛で商売をしている。
最長の場合で次のステップとなる。
納品⇒検収⇒掛⇒支払⇒手形⇒期日入金
客先が月締めの場合があるため、その点も意識した営業活動が、収入の減少につながる。
 

棚卸資産の増加

棚卸資産(商品・製品・仕掛品・原材料)の増加は、仕入が発生するので支払の先行になる。
資金繰り上は、限りなくゼロで棚卸資産を減らさなければならない。
 

不渡り、貸し倒れの発生

取引先の不渡り、貸し倒れは、資金負担になる。
 

受取手形の期日入金

手形の場合、回収した手形の期日が来て、取り立て依頼をし、銀行に入金されて、代金回収である。手形記入帳などの管理が必要となる。

資金不足(支出の増加)

資金不足の対応

 

 

 

 

 

プリンタ用画面
投票数:26 平均点:6.54
前
経常収支と経常外収支
カテゴリートップ
★資金繰りの実務
次
資金繰り=資金不足(支出の増加)