トップ  >  ★資金関係の用語  >  短期プライムレート
短期プライムレート プライムレート 最優遇貸出金利 金利

短期プライム・レート


プライムレート=最優遇貸出金利


短期プライムレートは、金融機関が優良企業向け(業績が良い、財務状況が良いなど、融資する上で問題がない企業)に対して、短期(1年以内の期間)で貸し出す時に適用する最優遇貸出金利(プライムレート)のことをいう。

「短プラ」とも呼ばれている。

1989年以前は、貸出金利は、各銀行が公定歩合に連動した金利をもとに、信用リスクの大きさに応じて上乗せ金利を加えて決めていた。

1989年以降は、公定歩合ではなく、譲渡性預金(CD)やコールなどの市中金利に連動して決めるようになった。かつての短期プライムレートと区別して「新短期プライムレート(新短プラ)」と呼ぶこともある。

一般に短期プライムレートは、メガバンク(都市銀行)のレートが一つの基準となり、地方においては、有力地銀のレートが一つの基準となる。

各企業への短期の貸出金利(融資金利)については、このレートをもとに、信用リスク等の大きさに応じて上乗せ金利を付け加えて決められることになる。

 

 

 

No.1エコノミストが書いた世界一わかりやすい金利の本

関連商品
No.1エコノミストが書いた世界一わかりやすい為替の本
No.1エコノミストが書いた世界一わかりやすい経済の本

 

プリンタ用画面
投票数:37 平均点:5.68
前
プライム・レート
カテゴリートップ
★資金関係の用語
次
長期プライムレート